おきかえダイエットとは

おきかえ(置き換え)ダイエットとは1日3食のうち1〜2食を特定の食品に置き換えるダイエット方法です。

つまり、最近流行したバナナダイエットもその一つです。
主食の1回をバナナに置き換えることで、適度にカロリーを摂取し、栄養バランスを保ちながらダイエットを進めるというダイエット方法です。

ダイエット方法といわれるものは数百種類あるといわれていますが、その中には効果がないものや間違ったダイエット方法もありかえって健康に害になる方法もあります。

例えば断食などの極端な食生活による減量は人間の身体に最低限必要な栄養素を摂取できず筋肉量が低下することによって基礎代謝が落ちリバウンドしやすくなります。

リンゴ、ゆで卵、グレープフルーツなどの単品ダイエットはこれも栄養の偏りによってリバウンドしやすくなります。

また、下剤や利尿剤を使ったダイエットでは体内の水分が減り体重は減ったように錯覚しますが肝心の脂肪は減っていません。脱水症状になり、そもそも健康を害する事さえあります。

このような間違ったダイエット法を行なう事によってカルシウムの摂取に欠かせないマグネシウムの欠乏やビタミンDの不足から骨粗しょう症になったり食欲をコントロールする食欲中枢が異常反応を起こし過食や拒食といった事態になりかねません。

さらに、過激なダイエットによる栄養素の摂取不足から女性ホルモンの分泌量の低下という事態にもなります、その結果生理不順、無月経、無排卵といった婦人系トラブルにもなりかねません。

このように間違った過剰なダイエットは健康をそこね本来目指している姿とは違った結果を引き起こしかねません。

そこで見直されているのがおきかえダイエットです。

1日3食きちんと食べてそのうちの1食を栄養バランスを考えた特定の食品におきかえるというダイエット法です。

プロテインとは

プロテイン(protein)とは日本語に訳すと三大栄養素の一つの「蛋白質」という意味です。

ですからプロテインは魚や、肉、大豆などに含まれている栄養素の一つというわけです。

プロテインは今でこそ一般的に使われていますが少し前まではボディービルなど筋肉隆々の人たちが筋肉をつけるために好んで摂っていたサプリメントです。

以前のプロテインは無味無臭と言って良いほどで強いてあげれば粉ミルクを水に溶かして飲むようなもので決して美味しく飲めるものではありませんでした。

それが最近のプロテインは味が良くなりさらに味が多彩になったこともあり人気が出てきたようです。

プロテインはその原料によってソイプロテイン(大豆)、エッグプロテイン(卵)、カゼインプロテイン(牛乳)またはホエイプロテイン(牛乳)の種類があります。

プロテインの原料として最も多く使われているのが大豆プロテインです。

大豆プロテインは植物性のプロテインで必須アミノ酸もバランスよく含まれていますからダイエットに適しているといえると思います。

また、最近はホエイプロテインが体内吸収速度が速いのと体内で利用される率が高いということで注目を集めています。
| 蛋白質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。