ホメオスタシスを知って始めるダイエット

ダイエットのための食事制限を始めると体がそれを察知しある働きを始めます。

その働き・機能を『ホメオスタシス』といいます。

つまり、食事制限を始めるとそれまでとは食事の量が減るわけですから体が「栄養不足」だと判断するわけです。

そのため、普段生きていくために使っていたエネルギーの消費量を減少させます、体が勝手に判断するわけです、これを『ホメオスタシス』といいます。

よく山で遭難した人が何日間も雨水だけで生きていたということがありますが、これが『ホメオスタシス』の効果なわけです。

これと同じ事がダイエットで食事制限を始めると栄養不足と判断して体が反応を起こすわけです。

そうすることによって食事制限をしているにもかかわらず全然体重が減らないという状態が起きるわけです。

ホメオスタシスの機能が、食事制限をしている食事量でも身体を維持していける、エネルギーの消費を元のように使っても大丈夫、と判断するまでに約1ヶ月かかります。

多くの人がこの『ホメオスタシス』という体の機能を知らないために辛い食事制限をしても体重が落ちないと悲観してダイエットを諦めてしまっているのです。

ホメオスタシス』は判断を下すまでに約1ヶ月かかります。1ヶ月間は身体が勝手にエネルギーの消費量を制限してしまうという事です。

ですから、この期間にダイエットをやめてもとの食事量に戻すと、エネルギーの消費量は体の方で減らしているのに、食事量が元に戻って多くなるのですから栄養過多になるのです。

これがいわゆるリバウンドです。

しかも、満腹感を感じる機能がずれてしまっている為食事量が以前より増えてしまうことが多いのです。

その結果何度もリバウンドを繰り返してしまい太りやすく痩せにくいダイエット・痩身からは程遠い体質になってしまうという最悪の事態を迎えてしまうことになります。

おきかえダイエットはこのホメオスタシスが働かないようにしているダイエット法といえる訳です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。