ダイエット=食事制限という考え方の弊害

ダイエットの為には食べたいものを我慢しなければいけない。

「ダイエット」=「食事制限」と思っている人は多いのではないでしょうか。

でも、それって正しいダイエット法だと思いますか?

そうではなく「食事」=「体つくり」だと思いませんか。

皆さんもご存じの通り、栄養を無視した食事制限や正しくないダイエット法は時には健康を損ない、さらにはリバウンドを起こす最大の原因ともいえます。

たとえ、一時的に体重が落ちたとしても食事制限によって落ちたのは体脂肪ではなく大事な筋肉の方で逆に太りやすい体質になってしまいます。

食事制限をして脂肪を落すと同時に筋肉も落す結果になってしまいます、そうすると基礎代謝が落ちて脂肪が燃えにくい体質になってしまいます。

食事制限をやめれば元に戻ってしまい前より以上に太ってしまう「リバウンド」も起こってしまいます。

食事をすることは人間として自然な事、必要な事なのです。

逆に食事を我慢すると言う事はストレスの原因になってしまいます。

このストレスがひどくなると脳にある食欲中枢がおかしくなってしまうことさえあるのです。

食欲中枢とは空腹とか満腹とかの信号を出す所です。

その食欲中枢が狂ってくると正常な食欲をコントロール出来なくなりその結果として過食症、拒食症などの摂食障害という結果を生み出してしまいます。

無理な食事制限でダイエットをするとそれが大きなストレスとなってその反動で過食になってしまい、食べても食べても満足を得られないという状態になってしまうわけです。

それから、夕食を制限するダイエット法も見受けられますが、これも危険です。

栄養面や自律神経の働きの面でよい影響はありません。

これも大きなストレスになりメンタル面から脳の麻痺にもつながっていきます。

栄養面や本能に与える満足感からも夕食はとても大切です。

夕食をしっかりとる事も美容や体にとってもとても重要な事なのです。
| 食事制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。