プロテインとは

プロテイン(protein)とは日本語に訳すと三大栄養素の一つの「蛋白質」という意味です。

ですからプロテインは魚や、肉、大豆などに含まれている栄養素の一つというわけです。

プロテインは今でこそ一般的に使われていますが少し前まではボディービルなど筋肉隆々の人たちが筋肉をつけるために好んで摂っていたサプリメントです。

以前のプロテインは無味無臭と言って良いほどで強いてあげれば粉ミルクを水に溶かして飲むようなもので決して美味しく飲めるものではありませんでした。

それが最近のプロテインは味が良くなりさらに味が多彩になったこともあり人気が出てきたようです。

プロテインはその原料によってソイプロテイン(大豆)、エッグプロテイン(卵)、カゼインプロテイン(牛乳)またはホエイプロテイン(牛乳)の種類があります。

プロテインの原料として最も多く使われているのが大豆プロテインです。

大豆プロテインは植物性のプロテインで必須アミノ酸もバランスよく含まれていますからダイエットに適しているといえると思います。

また、最近はホエイプロテインが体内吸収速度が速いのと体内で利用される率が高いということで注目を集めています。
| 蛋白質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。